ロカ らんど ホーム » 小説・本 タイトル「ま行」 »「摩天楼の怪人」 島田 荘司

FC2拍手ランキング

「摩天楼の怪人」 島田 荘司  

鉄拳7発売 前日ですね~ 。
   ( ゚Д゚)

今回は御手洗シリーズですが

相棒の石岡君と出会う前の

お話です。




以前このブログで

島田 荘司 氏の 占星術殺人事件を

紹介しました。



レビュー96件
星の評価 「4,00」

占星術殺人事件 
(クリックで記事へ)

「改訂完全版」

レビュー37件
星の評価 「4,00」










本と作家の情報


作家 島田 荘司

1948年10月12日生まれ

広島県福山市出身



タイトル「 摩天楼の怪人 」

 2009年発売

 ページ数約587p


レビュー17件
星の評価 「4,00」











あらすじ


1969年 

コロンビア大学の助教授を

勤めていた 御手洗 潔は

しりあいのウィザースプーン教授に

頼まれ

病床に就いた

かつての 

大女優 ジョディ・サリナスの

診察を頼まれた。



かかりつけの医師のはいるが

 いまいち年を取り過ぎて

診察に不安を感じ 御手洗を

 呼んだのだった。


訪れたのは ジョディ・サリナスの住む

34階建ての高層マンション

 セントラルパーク ビル 。


迎えられたのは

  ウィザースプーン教授に


劇作家
  
 ジェイミー・デントン



ジョディの息子 

   フリップ・サリナス



フリップのフィアンセ 

  リサ・マリー・ワシントン



ジョディのかかりつけ医

カリエフスキー医師 だった。




診察に訪れた御手洗は

ジョディに会うが

すでに自分の死を感じ取った

ジョディは

御手洗 や その場に

居合わせた者たちの前で

1921年、

48年前 若き日犯した自分の罪を 告白しだした。


まだ若手女優だった

ジョディは 台風による大停電の夜

ここ34階の自室から1階に住む当時のプロデューサー

フレディック・ジークフリードを

 拳銃で射殺した

   と・・・・


しかし、この告白には多くの謎があった。


台風による停電は

わずかに15分間だけ

15分後に電気は復旧した。





ジークフリードが殺されのは

停電中と警察の調べで

殺された時間が推定されていた。



さらに同じ階に住む住人によって

停電中

ジョディ・サリナスの目撃 証言もあった。


また、ジョディが殺したとして

彼女はどうやって停電でエレベーターも動かない中

僅か15分の間で 34階から1階にいる

ジークフリードを殺して34階に戻ってきたのか・・・

 
さらにジョディは語る自分が大女優としてここまで


昇りつめてこれたのは

ある紳士 ファントムのおかげであると・・・・

 
ファントムとの馴れ初めを語ったあと

ジョディ・サリナスはその息をひきとった。



その瞬間リサ・マリーの悲鳴があがった。


その悲鳴を聞いて全員が見た者は

34階のガラスのテラスの外に

顔の半分が骸骨で体も半透明で透き通り

恐ろしい姿の亡霊が 現れた。


御手洗も絶句し、正体をつきとめる間もなく

その亡霊は消えた・・・・



ジョディの殺人の告白と

共に

ここセントラルパークビルでは

多くの奇妙な殺人と事故があった・・・


御手洗潔は

おもしろいと言わんばかりに

ジョディの事件、

ファントムの正体について調べ始める。









感想



今回のお話は

御手洗潔が石岡君と出会う前の物語。



石岡君の代わりを務めるのは

劇作家 ジェイミー・デントン

このシリーズを読んでる方は

ジェイミーを石岡君と感じる

でしょう それほど

似ている( 一一)・・・




物語の構成は

ジョディの告白から始まり

ジョディの事件、

セントラルパークビルでおこる様々な

奇妙な事件を捜査それを

追うサミュエル・ミューラー刑事の

  過去編


間にファントムの

心情を映した物語が挟まれ


そして、 御手洗が謎を解く

  現在編の構成。



長い物語で過去に起きた

様々な奇妙な事件が起き

ファントムという

謎の紳士がいて
    (一一")
  現在編でも

謎の殺人も起き

いろいろごっちゃになり混乱しそうになるが
      (~_~;)


うまいこと 最後の方で

まとめてある。

  ( 一一)



 


ファントムのジョディにかける

    情熱


ジョディのブロードウェイを思う

     情熱


これで起きたおおくの謎の連続殺人。



読み終わったあと

 ファントム

 あんたすげーよ
    ( ;∀;)
   と

思う 1冊でした。









にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ
にほんブログ村







記事へ
静かで儚い曲が多いBang Gang

↑ ↑ ↑ ↑
MPダウンロード 試聴あり
おすすめは1、4、6、7

関連記事
スポンサーサイト

category: 小説・本 タイトル「ま行」

thread: 読んだ本の紹介

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: --

トラックバック

トラックバックURL
→http://hituzi319.blog.fc2.com/tb.php/262-fe4a46c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

日常

最新記事

アルバム

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

カレンダー

月別アーカイブ

今、何人

RSSリンクの表示

▲ Pagetop