ロカ らんど ホーム » 小説・本 タイトル「ら行」 »ラーゼフォン 第3巻

FC2拍手ランキング

ラーゼフォン 第3巻  


本と作家の情報




レビュー2件
評価 「4.50」

ラーゼフォン 第3巻

著者 大野木 寛(おおのぎ ひろし)

アニメの脚本家を務める傍ら自信が関わった

アニメの小説も執筆。

アニメ脚本

重戦機エルガイム
機動戦士Zガンダム
機動戦士ガンダムseed
創生のアクエリオン
マクロスF
夏目友人帳
など

小説

創生のアクエリオン
八剣伝
夢幻界戦記
など


 2002年 10月 発売

 ページ数 約 259p

  テレビアニメ版 だと

 11話~17話分





ラーゼフォン第3巻

 

DVD収録分




レビュー2件
評価 「4.50」
テレビアニメ版 11話収録



レビュー4件
評価 満点
テレビアニメ版 12話~14話収録




レビュー2件
評価 満点
テレビアニメ版 15話~17話収録





ラーゼフォン第1巻・第2巻



ラーゼフォン第1巻 記事へ




ラーゼフォン第2巻 記事へ









あらすじ


神名綾人はきづけば 

 東京ジュピターの中にいた。



うっすらとさっきまで

ドーレムと戦っていた事を思い出す中

学校の友人 守 と ひろこ に

声をかけられた瞬間

ドーレムとの戦闘の事も

忘れ 帰ってきたと思い込んだ綾人。



しかしそこはドーレムが作り出した

精神世界だった。


東京に帰ってきた懐かしさを感じつつも

どこかおかしい・・・

妙な違和感を抱きつつ綾人は・・・・







 

ドーレムの作りだした

精神世界の東京ジュピターから

美嶋玲香おかげで

脱出した 綾人。




しかし綾人がドーレムから

受けた精神波の余波を受け

久遠が昏睡状態へと陥った。




この状況を見た

一色真は久遠 覚醒の日は近いと見て

七森小夜子を利用し

己の計画を進め始める・・・・




日を同じくして

バーべム財団 ヘレナバーべムが

久遠昏睡の究明を突き止める為

生理調査チームと共に新兵器ヴァーミリオンを

テラへと軍事供給するため現れた。





これまで目立つ行動もなく

テラを裏から支え支援してきた

バーべム財団がその行動を

活発化してきたのだった。


新兵器ヴァーミリオンの投入により

テラがバーべム財団に

軍事利用の為

良い様に乗っ取られるのではと

不安を募らせる副官 八雲総一だった・・・






そして・・・・


一色真 

ヘレナバーべム 

如月樹

幼少期 バーべムの元で

共に学んだ3人は

ラーゼフォン 

神名綾人 

如月久遠

キーとなる彼らの覚醒は近いと感じ

それぞれの思惑の元、動き始めるが・・・・・















感想



第3巻 物語もかなり核心に迫りつつあります。

これまでよくわからなかった

伏線も回収しつつ

1巻 2巻と比べると

わかりやすく

読みやすかったです。



バーべム財団が表立って動き出した

ことにより

如月樹
如月久遠

の関係や

一色真 

ヘレナバーべム 

如月樹

特に一色真を中心とした

彼ら3人の子供時代も語られており

嫌な感じで卑劣で不気味な彼の

意外な一面に驚き

特に良かったです。



一色真 彼の正体があらわになり

不気味に何かを企む彼の思惑もこの先きになる

所です。









それぞれの登場人物の関係性や

過去が語られる

3巻 

そして

神名綾人

如月久遠

自分たちが一体何者なのか

それを知る為

2人でラーゼフォンに乗り東京ジュピターへと

いく所で3巻は終わります。




最後にDVD第5巻13話に収録されている

功刀仁が六道翔吾宅に挨拶にいった際

功刀と六道のシリアスな会話のシーンで

何気に猫のブチが功刀に絡みそれを功刀が

無造作に何事もなく会話しながら何度も追い払う

何気ないシーンが

中々面白っかったです。

アニメでは無言でしたが

小説ではその時の心情が語られているため

見ていて面白いシーンでした。


















にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

送料無料おすすめ







甲斐のやさしい水 記事へ







黒豆茶 記事へ



ドリップバッグコーヒー 記事へ















関連記事
スポンサーサイト

category: 小説・本 タイトル「ら行」

thread: 本の紹介

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: --

トラックバック

トラックバックURL
→http://hituzi319.blog.fc2.com/tb.php/287-b79a71a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

日常

最新記事

アルバム

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

カレンダー

月別アーカイブ

今、何人

RSSリンクの表示

▲ Pagetop