ロカ らんど ホーム » 小説・本 タイトル「ら行」 »実際の事件を元に描かれた 「ロシア幽霊軍艦事件」

FC2拍手ランキング

実際の事件を元に描かれた 「ロシア幽霊軍艦事件」  

作家 島田 荘司の
斬新すぎるミステリー小説でもありながら
悲しすぎる 男女の恋愛物語

実際の事件を元に描かれた小説
  「ロシア幽霊軍艦事件」








そんな訳で今回は幽霊です。

物語は
ロシア皇女アナスタシアを自称した
王族偽装者事件を起こした一人
アンナ・アンダーソン、
彼女を元に描かれたミステリーです。

果たして
彼女は本物か偽物かを
作家、島田荘司が
かなり壮大なスケールで
ミステリーとして描きます。

実際の事件では
彼女は偽物と公表されてますが、
色々謎が多く未だ曖昧らしいです
(すいません僕は
詳しく知りませんのでネット上で
得た情報です)
でも、アナスタシアこの
名前はよくは知らないけど
聞いた事ある人は多いかも・・・

本ではアンナ・アンダーソンを
アナ・アンダーソン・マナハンと
描いています。


アンナ・アンダーソンとは・・?



自殺未遂者として

精神病院に収容されたアンダーソンは、

自分はロシアから

処刑を逃れ脱走してきた

アナスタシアであると

周囲に説いた。

アナスタシアを
自称したアメリカ人女性。
王族偽装者の一人である。

アナスタシアを名乗る偽者は、
1920-30年代に少なくとも30人が
確認されているが、
その中でこれほどの
支持を集めたのは、アンダーソン一人である。

アナスタシアとは・・・・?


本名
アナスタシア・ニコラエヴナ・ロマノヴァ

最後のロシア皇帝
ニコライ2世と
アレクサンドラ皇后の第四皇女。


1918年臨時政府に家族と共に銃殺される。
埋葬された墓が不明の為
生存説が浮上。

真意は定かではない。








本と作家の情報


作家 島田 荘司

1948年10月12日生まれ

広島県福山市出身




タイトル 「ロシア幽霊軍艦事件」

2001年 発売

ページ数 324p

2015年発売

レビュー 18件
評価   「4.50」








2004年発売

レビュー 15件
評価   「3.50」





ほか 「島田 荘司」 関連記事

「摩天楼の怪人」 記事へ

レビュー 17件
評価   「4.00」

「占星術殺人事件」 記事へ

レビュー 37件
評価   「4.00」


 アマゾン「島田 荘司」関連ページ











あらすじ



物語は

御手洗・石岡、二人の元に

親友・松崎レオナ

彼女から届いた

一通の手紙が始まりだった。

(松崎レオナ、度々御手洗シリーズに出て来ますが
 二人と彼女の関係は
「暗闇坂の人食いの木」で起きた事件で
 知り合います)




手紙の内容は

倉持平八がアナ・アンダーソン・マナハンに

謝っていたと伝えてほしい。

そして、

箱根のホテル冨士屋に掛かっている

一枚の写真を

アナ・アンダーソン・マナハンに見せてほしい。

と支離滅裂な事が書かれてあった。


困惑する2人は松崎レオナに電話し

手紙の内容を追求するのだった。




それでも意味が分からない2人は

松崎レオナの話を元に

順を追って二人で調べていく。



まず向かったのは箱根のホテル冨士屋

そこに

山奥にある芦ノ湖の湖に浮かぶ

ロシアの軍艦の写真を見つけたのだった。



ホテルの従業員の話を聞くと

いきさつは

大正8年8月夏の終わり

土砂降りの雨の真夜中に

芦ノ湖の湖が光出し突然現れたと、

それをカメラで撮り写真に収めた

そんな馬鹿なと思う二人。




しかし、

この軍艦はロシアで作られた軍艦で

証拠もあり

やはり突然現れたとしか言いようがないと

一体どうやってかは不明であるが

まぎれもなく

ロシアの軍艦であると言う。



大正8年・・・

あの時代に

ロシアから日本の山中にある

芦ノ湖に空を飛んできたというのか?

もしくは時空を瞬間移動してきた・・・・

イヤイヤ・・・ やはり、

はりぼて・・・ 合成・・・と

考える2人であったが

ホテル従業員の話は続く軍艦からは

負傷したロシアの軍人が出てきて

そのままホテルで介抱したと言う。



こんなとんでもない事件なら

大きな話題になるはずそう石岡は

そこに言及した。


やはり、合成、はりぼてによるトリック

悪戯の類ではと疑うが・・・・・

従業員はさらに語る。

この事実について日本軍から

箝口令が出ていたという。



頭を抱え悩む石岡に対し

御手洗は口角をあげ

面白いと一言・・・・



さて、この突然湖に現れた

ロシアの軍艦は一体なんなのか?

この事実を知っていた倉持平八とは

アナ・アンダーソン・マナハンとは誰なのか?

何者で謝ってほしいとは・・・

一体、何を謝るのか?



1枚の写真から大きな謎を呼んだ

この事件の結末は如何に・・・・












感想




突然あらわれたロシアの軍艦。

どうあらわれたのか不明なため

幽霊軍艦と言われた1枚の写真。


こんな無茶な展開をどう持っていくのか、

またこの幽霊軍艦が現れたのは大正八年、

1919年そしてこの一年後に

アンダーソンの事件が起きる訳ですが

幽霊軍艦に王族偽証事件さらに

倉持平八なる人物繋がるようで

繋がらないこのミステリー、

一体どう

決着をつけるのか楽しみな本でしたね。




まず、アナスタシアについて

御手洗、石岡が語り

そして

ロシア革命の説明を御手洗が話

亡命したアナスタシアの行方の仮説、

アナ・アンダーソンと

倉持平八の二人の関係についての

考察それらを元に

石岡和己の推理、仮説

この意見に対し

御手洗潔の鋭い突っ込み、

その仮説の穴を埋め

話の形を作り出していく御手洗潔

そしてアンダーソン、

倉持平八の足取りをつかみ出していき

辿り着いたのは

アナスタシアの息子。

まさかの息子登場で

ほぼ謎を解くパズルのピースは揃い

終わりに近づくのだが・・・・・

さて、父親はだれか

そして最大の謎がまだ残る

例の軍艦である。





その時代にそれを作ったのかと

確かに可能ではあるが

その想像はなかったと

終盤で解き明かされるそれぞれの謎について

御手洗潔は一体どの角度から

事件を見ているのか、

彼の推理と仮説は

相変わらずスマートで

苦労がなく感じられるが

これが天才かと感じさせる存在であるなと。





最後、

本の中でアナスタシア本人の口から

語られる真実、

彼女の逃亡劇の凄まじさと

一人の日本兵との出会い

そして逃亡の為に使われた例の軍艦、

もはやSFの世界であり

現実から遠く離れた昔のような話である。






この実際に起きた

自称アナスタシアを名乗る

王族偽装事件

それを元に作り出された

今回のこの物語、

本物か偽者かの中に

幽霊軍艦を仕込ませたミステリーは

至るとこでの

まさかの展開にかなり楽しめて

読めました。





全324ページの

ミステリー小説、

一枚の写真と手紙を元に

御手洗、石岡二人が

ナイスコンビで見せる面白い本でした。







夏と言えば
心霊番組ですが
最近、めっきりそういった番組が
へりました・・・・
残念です・・・(一一") 

8月6日
日曜ビッグバラエティ
「最恐映像ノンストップ5」

8月12日
映っちゃった映像GP
真夏の超恐~い心霊SP

知る限りではこ2番組だけです。













にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ
にほんブログ村


映画の紹介



 神様の思し召し 記事へ

レビュー 3件
評価   「4.50」

 神様の思し召しAmazonビデオ

 エキス・マキナ 記事へ

レビュー 1件
評価   「満点」

エキス・マキナ Amazonビデオ

























関連記事
スポンサーサイト

category: 小説・本 タイトル「ら行」

thread: 本の紹介

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: --

トラックバック

トラックバックURL
→http://hituzi319.blog.fc2.com/tb.php/297-1ca3d7a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

日常

最新記事

アルバム

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

カレンダー

月別アーカイブ

今、何人

RSSリンクの表示

▲ Pagetop